キウォフハートで徹底的に寄生虫予防しよう

愛犬と一緒に生活するならば必ず寄生虫対策を行なう必要があります。

寄生虫というとマダニやノミがよく知られていますが、寄生虫というのは非常にたくさんの種類があります。健康に大きな害を与えない寄生虫もいますが、その逆に死に至しめる恐ろしい寄生虫も存在します。そのため、犬と一緒に暮らすからには寄生虫対策は必須となります。

寄生虫のなかでも危険な「フィラリア」

数ある寄生虫の中でも特に恐ろしいのがフィラリアです。

フィラリアは白くて細長いそうめん状の寄生虫で、蚊が媒介することによって感染します。

血液中に入り込んだフィラリアの幼虫は血液内で成長し、約6ヶ月で成虫になります。

成虫になると今度は心臓や肺へ寄生し、循環器や呼吸器を蝕んでいきます。そうすると内臓の働きが悪化し、最終的には生命を維持できなくなり死に至ります。

そんな悲しい結果にならないためには、感染しないよう予防することが大切です。

万が一、成虫のフィラリアが内臓へ寄生している場合、成虫駆除剤を使用して駆除することができます。しかし、治療には時間もお金もかかりますし、治療後も健康のリスクがありますので、やはり感染しないよう日頃から対策することをオススメします。

 

主なフィラリア予防方法を知ろう

非常に恐ろしい寄生虫のフィラリアですが、実は予防はとっても簡単です。

実際にフィラリアの感染を予防できる薬はたくさんあり、動物病院や通販で購入することができます。

 

主な予防薬には3つの種類があり、ここでは各予防薬の特徴についてまとめています。

飲み薬

錠剤・顆粒・チュアブルなどの形状で、犬へそのまま投与もしくはフードへ混ぜて投与します。手軽に与えられますが、飲み薬が苦手な犬もいるので、形状によっては投与に苦労することも。

ただし、飲み薬の中でもチュアブルタイプは犬が好きなフレーバーがついているのでおやつ感覚で食べてくれます。

 

スポットタイプ

液体タイプの薬で、皮膚へ滴下して使用します。肩甲骨周辺の皮膚へ滴下することで皮脂腺を通って薬の成分が全身へ行き渡る仕組みとなっています。

飲み薬が苦手な犬へも投与可能ですが、皮膚が弱い犬への投与は向いていません。また、投与後薬が浸透するまでは幹部を舐めないように管理し、ふれあいやシャンプーを控える必要があります。

 

注射

1年に1回動物病院で注射をしてもらう方法です。飲み薬やスポットタイプの予防薬の場合には1ヶ月に1回のペースで投与しなければなりません。

1年に1回だけなので非常に楽です。しかし、注射の場合は副作用が強く出やすく、死亡例の報告もあるのでオススメはしません。

 

キウォフハートは手軽にフィラリア予防可能

先ほどは主なフィラリア予防方法を3つご紹介しましたが、その中でも最も人気なのは飲み薬タイプです。

また、当サイトで紹介しているキウォフハートはお薬が苦手な犬でも簡単に投与していただけますので、新しい犬を迎え入れて「ちゃんとお薬を投与できるか心配…」といった飼い主さんにオススメです。

牛肉風味で美味しく予防

犬はお薬が苦手なケースが多いです。人間でも薬を好んで服用する方はいないと思いますが、健康のために服用しなければならないとなれば嫌でも服用します。

しかし、犬の場合には薬の存在を認識できないので、嫌だと思うものは口にしてくれません。そのため、薬を投与しても飲み込まなかったり、隠れて吐き出したりします。

 

しかし、キウォフハートは嗜好性に優れた医薬品です。犬が好む牛肉のフレーバーがついており、半ナマのチュアブルタイプとなっているのでおやつ感覚で服用してくれます。

同一成分を有するカルドメックのメーカーが行なった調査では、投与した93%以上の犬がそのまま食べたという結果が出ています。

お薬が嫌いな犬でもキウォフハートであれば嫌がることなく服用してくれますので、飼い主さんも投与で苦労しません。

フィラリア以外の寄生虫への効果もある

キウォフハートはフィラリア予防薬として紹介されることが多いですが、フィラリア以外の寄生虫にも効果があります。

有効な寄生虫は回虫、鉤虫、鞭虫といったもので、こうした寄生虫は消化器内に寄生するため感染していても気付きにくい傾向があります。寄生数が増えると健康に悪影響を与えるだけでなく、飼育環境を汚染してしまいます。

 

上記の内部寄生虫は、キウォフハートを服用することで同時に駆除できます。

毎月1回の服用で、万が一内部寄生虫に感染しても死滅・排泄させられますので安心です。

投薬後すぐスキンシップOK

滴下タイプのフィラリア予防薬の場合、投与後薬が体に浸透するまでは飼い主さんとのスキンシップやシャンプー・水遊びはNGです。また、多頭飼いをしている場合には他の犬に舐められる心配もあります。しかし、キウォフハートはチュアブルタイプの内服薬なので、投与後すぐのスキンシップやシャンプーも問題ありません。

また、皮膚が弱い犬でも皮膚に影響なくご使用いただけます。

ジェネリック医薬品だから安い

キウォフハートは日本で流通しているカルドメックのジェネリック医薬品です。現在では月に1回の投与で寄生虫を予防できる商品は一般的ですが、カルドメックが世界で初めての月1投与のフィラリア予防薬です。

現在に至るまで多くの犬の健康を守ってきた信頼あるお薬のため、愛犬も飼い主も安心して投与できます。

 

キウォフハートは有効性・安全性ともに優れたカルドメックのジェネリック医薬品なので安心投与できるのはもちろんですが、ジェネリック医薬品ということで価格面でも優れています。カルドメックは1錠約5200円に対し、キウォフハートは半額以下の1錠約2300円です。

経済的な負担を減らせば愛犬のおもちゃやおやつを購入してあげられますので、愛犬にとってもジェネリック医薬品の選択は嬉しいでしょう。

 

こんな犬や飼い主さんにはキウォフハートがオススメ

ここまでフィラリア予防の大切さやキウォフハートの特徴についてお伝えしてきましたが、まだどのお薬にするか迷われている方へ最後にキウォフハートが向いている犬や飼い主さんについてまとめてみました。

【キウォフハートが向いているケース】

・愛犬は飲み薬が苦手

・愛犬は皮膚が弱い

・副作用が少ない薬を選びたい

・少しでも治療費を浮かせたい

 

また、キウォフハートは通販で購入することができます。

動物病院でもらうお薬は通販で買えないんじゃないの?と疑問に感じる方もいるかと思いますが、ここでお伝えする通販とは「個人輸入」のことです。

個人輸入ということは購入先が海外の販売店です。本来、動物用医薬品は獣医師の処方が必要ですが、個人輸入の場合には獣医師の処方がなくても購入できるようになっています。もちろん法律には触れていませんし、最近ではお薬を安く買えるとあって利用者は増えています。

 

個人輸入と聞くと素人の利用は難しそうに感じますが、海外販売店への発注〜税関での手続きなど面倒なことを全て引き受けてくれるサービスがあります。

こうしたサービスを提供しているのは個人輸入代行サイトと呼ばれ、一般的な日本の通販と変わらない手順で利用できますので、初めて個人輸入をされる方でも安心です。

キウォフハートのようなフィラリア予防薬だけではなく、ペットのおやつ、サプリメント、シャンプーなどの商品も多数販売されていますので、愛犬の健康状態や嗜好に合った商品を購入できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました