犬猫の肌トラブルを解決するのはセンシティブスキンシャンプー通販

犬猫の毛並み・皮膚は健康のバロメーター

毛並みは犬と猫にとってとても重要なものです。季節によって生え変わったり、体を暑さや寒さから守る働きを持っています。

もし体内で問題が発生すると、犬猫の体毛に変化が見られることが多くなっています。さらに重要なのは、毛並みだけでなく皮膚も含まれます。

毛並みにツヤがあり皮膚が健康状態でいるのは、犬猫の健康状態がそのまま目に見える形で現れているということなのです。

犬猫の肌トラブル

被毛でいまいちわかりにくいかもしれませんが犬猫の皮膚はとても薄く、人間の皮膚の厚さの1/3ほどしかありません。そのためとても敏感な作りになっています。

体調の状態がすぐに毛並みや皮膚に現れるのは、皮膚の薄さから体内からも体外からも影響を受けやすいためだと考えられます。

もし犬猫の体を観察して、大きなフケがたくさん確認できたり、肉球が乾燥して剥がれたりしている場合は肌トラブルと判断していいでしょう。

肌トラブルが発生したら、人間と同じように犬と猫も正しいスキンケアを行う必要があります。

スキンケアの基本はシャンプーで汚れを落とし、保湿して皮膚を乾燥から保護することで成り立ちます。

ペットは自分でスキンケアをできません被毛や皮膚を始めとするペットの体調不良は、飼い主さんが責任を持ってケアしてあげましょう。

犬や猫のスキンケアはどのように行うべきなのか。そんな飼い主さんにおすすめしたいのが、センシティブスキンシャンプーです。

どんな仕組み?どんな病気が?大切な犬猫の皮膚事情

犬猫の体を観察する時、真っ先に目に入るのはやはり体の表面。つまり皮膚です。

品種によっても変わりますが、犬猫の皮膚は基本的に被毛で覆われています。被毛や皮膚などの目に見えるところは体のさまざまな異変が現れやすいゾーンでもあるので、日常的に観察してあげましょう。

犬猫の皮膚はとても薄くできており、人間の皮膚のたった1/3の厚さになっています。それでも皮膚は犬猫の体重の15~20%を占めている部分なので、犬猫にとってたいへん重要なパーツだということがわかります。

外部から体を守る犬猫の皮膚、その悩みとは?

犬猫の皮膚は体内の水分を保ったり、外部からの刺激や細菌による被害を防止するバリアのような役割を持っています。体外に面しているので、肉球も皮膚の一部と捉えていいでしょう。

通常は適度にうるおって健康的に保たれている皮膚が、何かをきっかけにこのバリア機能が低下することがあります。それが皮膚トラブルのはじまりです。

皮膚の大きな天敵は乾燥です。乾燥は皮膚、被毛、肉球すべての体の表面に見られる恐れがあります。乾燥によって皮膚が荒れ、外部へのバリア機能が低下することが多いようです。

犬猫の乾燥肌の特徴としては、よく次のような現象が見られています。

カサカサ
かゆがる
フケ
毛の色が変わる、毛が抜ける
肉球がかさつく

乾燥肌はアトピーや皮膚の炎症、大量のフケなどの症状に繋がります。

また肉球は毛が生えていないため、他の皮膚よりも乾燥しやすくなっています。肉球は本来少し湿っている状態が望ましいとされていますが、乾燥するとひび割れが起こったりするので定期的に確認してください。

犬猫の大切な皮膚を守るためのスキンケア

犬猫の皮膚を乾燥の被害から守るためには生活環境の見直しも必要です。しかしすでに乾燥した状態を迎えている皮膚に対処するためには、正しいスキンケアをすることが重要です。

正しいスキンケアはシャンプーで洗って汚れを取り除き、皮膚を保湿することを主に意味しています。

人間に敏感肌用のボディーソープがあるように、実は犬猫でも敏感肌にふさわしいシャンプーが作られています。

犬猫の敏感な肌を守る効果的なスキンケアのためには、どんなシャンプーを使うべきなのか。犬猫の肌トラブルをやさしくケアするシャンプー、センシティブスキンシャンプーを紹介します。

ペットがサラサラ健康な毛並みに!体にやさしいセンシティブスキンシャンプー通販

センシティブスキンシャンプーは、犬と猫のどちらの体にも使えるペット用シャンプーです。

配合されているのは天然成分ばかりなので、できるだけ化学物質を使いたくないペットのシャンプーとして最適です。

敏感肌の犬猫にも、効果的に使用できるようになっています。

センシティブスキンシャンプーの効果

センシティブスキンシャンプーの主成分に、ラムノースビロードモウズイカエキスが配合されています。

この2つの成分が、犬猫の被毛と皮膚にやさしく作用してくれます。

ラムノースは化粧品によく含まれている成分で、その最大の効果は保湿作用にあります。ラムノースの皮膚を保湿する作用によって、乾燥した皮膚や毛並みに潤いが宿ります。

もう1つのビロードモウズイカエキスは、紫外線から毛を守るように作用してくれます。また保湿作用も持ち合わせているため、紫外線や外部からの影響で乾燥した被毛がツヤを取り戻していきます。

このようにセンシティブスキンシャンプーは体の汚れを洗い、体を保湿するという正しいスキンケアの基本を同時に行うシャンプーです。

この2つ以外の成分も低刺激なものでバランスがとられており、敏感肌や刺激・乾燥に弱いペットでも安心して使うことができます。

センシティブスキンシャンプーの使い方用量

1
使う前にブラッシングを行い、抜け毛などはあらかじめ取っておきます。
2
頭部以外を濡らして、シャンプーを開始します。
3
5~8分ぐらいシャンプーを泡立てつつ全身マッサージするように洗っていきます。
4
終わったら、しっかり洗い流します。シャンプーのすすぎ残しは肌トラブルを引き起こすおそれがあるため、注意して洗い流してあげてください。
5
十分乾かしてから、ブラッシングします。

センシティブスキンシャンプーを使うときの注意点・副作用

使う時の注意点

使う時は、シャンプー液が飼い主さんの目に入らないように注意しましょう。もし入ってしまったらすぐに水で洗い流し、違和感が消えない場合は病院で診察を受けてください。

またシャンプーの成分にアレルギー反応を起こす可能性があるペットには、使用しないでください。

副作用

副作用が見られたという報告はありません。もしシャンプーを使用後に異常があれば、獣医師に相談してください。

センシティブスキンシャンプーを使った飼い主さんの口コミ

もふもふ大好きさん

最初のときより断然毛並みもキレイになって満足です。

最近になって犬を飼うことになったんですが、保護犬だったせいなのか毛並みのツヤが足りないような気がして。先生に診てもらったら、栄養不足と乾燥肌だと診断されました。

シャワーはすごく嫌がっていたけど、スキンシャンプーを使うととっても気持ちよさそうに見えて安心しました。乾かしてブラッシングすると、最初のときより断然毛並みもキレイになって満足です。

あとは栄養あるものを食べさせてあげて、早くツヤツヤの毛並みにしてあげたいです。

ロロさん

毛並みの良さをお客さんに褒められるので、体に合ってるんだと思います。

うちの子は皮膚が過敏らしいのでシャンプーの時はとっても嫌がりますが、このシャンプーを使ってトラブルが起きたことはありません。むしろ毛並みの良さをお客さんに褒められるので、体に合ってるんだと思います。

ただ、お風呂に入れた後はしばらく飼い主が嫌われてしまうので、サッと洗えてサッと終われるようなシャンプーってないものですかね?笑

匿名さん

シャンプーを使った後はサラサラつやつや。

シャンプーのときは嫌がる子が多いみたいですが、うちの子は嫌がるというよりひたすら怖がっているような顔をするので、いつも自宅でのシャンプーは3分ぐらいで終わらせています。

それでもちゃんと汚れは取れてるみたいです。シャンプーを使った後はサラサラつやつや。トリミングから帰ってきたときのようです。

敏感肌のペットでも安心なセンシティブスキンシャンプーは通販で買える

敏感な犬猫の皮膚にも対応できるセンシティブスキンシャンプーの購入を考えたい人に向けて、購入方法を紹介します。

犬猫用のシャンプーを買おうと思ったら、やはり候補としてあがりやすいのはペットショップではないでしょうか。また、トリミングサロンで購入するという意見もあるかもしれません。

しかし、センシティブスキンシャンプーはペットショップやトリミングサロンでほとんど見かけられないシャンプーだと考えておいてください。

センシティブスキンシャンプーは海外では幅広く取り扱われていますが、日本のペット業界での広まりはまだまだといったところです。

それでは、センシティブスキンシャンプーを購入するにはどうすればいいのか。実はセンシティブスキンシャンプーは通販で購入することができます

といってもセンシティブスキンシャンプーは日本での取り扱いがほとんどないので、通販を使っても取り寄せる宛はありません。

そこで、海外に注文をして国内に取り寄せるといった方法をとります。この手段は個人輸入とよばれています

コメント

タイトルとURLをコピーしました