フィプロフォートプラスの通販でノミダニ駆除を

通販のユーザー 愛犬や愛猫の健康的な生活に必要不可欠になるのが、ノミやダニの予防です。

ノミヤダニに寄生されてしまうと、様々な悪影響が現れます。そして、その悪影響は愛犬や愛猫だけでなく飼い主自身にも及ぶことになるため、適切に予防することが大切です。

万が一、ノミやダニに寄生されてしまったとしても、現在では簡単に駆除することができる駆除薬も多数登場しているので、寄生されてしまったらダメというわけでもありません。

このページでは、そんなノミやダニの駆除や予防に役立ってくれる薬の一つであるフィプロフォートプラスについて紹介していきます。

 

ノミやダニを予防して健康的な毎日を実現するためにも適切に把握しておくようにしましょう

ノミダニ駆除に役立つ駆除薬フィプロフォートプラス

ノミやダニの駆除薬として注目を浴びているのが、フィプロフォートプラスです。

フィプロフォートプラスという名称は聞きなれないという人もいるでしょう。現在、愛犬や愛猫の為のノミダニ駆除薬は非常に多くなっており、テレビCMなどでも宣伝されていたりするので、そちらの名前は知っているという人も多いでしょう

 

このフィプロフォートプラスは、ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパンから販売されているフロントラインプラスのジェネリック医薬品になります。

 

フロントラインプラスはCMなどもあり多くの人に認知されており、その効果を実感したという人も少なくないでしょう。

そんなフロントラインプラスに配合されている有効成分と全く同じ、フィプロニルとメトプレンをジェネリックであるフィプロフォートプラスも配合しているため、高いノミダニ駆除効果と共に、高い安全性を実現しています。

 

そもそもジェネリック医薬品ってどういう物?

通販のユーザージェネリックって何?と疑問に思われる方の中には、ジェネリックであるフィプロフォートプラスではなく、フロントラインプラスを使うという人もいるでしょう。

ジェネリック医薬品は最近ではよく目や耳にする機会が増えていますが、まだまだ認知されていない現状があります。

そこで、まずはジェネリック医薬品がどういったものであるのかを把握することで、ジェネリックに対する認識が深まりより幅広い医薬品の選択肢の中から最適なものを選ぶことができるようになります。

 

そもそも、ジェネリック医薬品というのは難しそうな名前に思ってしまうかもしれませんが、難しいことは何一つありません。

医薬品とは、大きく分けて新薬と後発医薬品という2種類に分類することができます

新薬とは、その名の通り新しい薬ですが、正確には最初に開発された薬を指します。

後発医薬品とは、新薬の成分を研究することで同じ成分を用いて同じ効果を期待できるように作られた医薬品になります。

 

こうなると製薬会社としては新薬ではなく後発医薬品ばかり作るようにすればいいと思うでしょう。新薬の開発には数十億円といった莫大な研究費用は何十年といった研究期間が必要です。

すべての新薬研究が実を結ぶというわけでもないので、莫大な研究費用や時間をかけても治験の段階で認可が下りず販売できないというケースもあるのです。

そのため新薬が開発されると特許期間が付与されます。この特許期間は他の製薬会社は後発医薬品を販売することができないため、完全な独占販売状態となります。

その特許期間が終わった後、他の製薬会社が新薬を研究し同じ成分で同じ効果を期待できる薬を販売する。これがジェネリック医薬品なのです。

 

そのため、ジェネリック医薬品は既に販売されて多くの人に使われており安全性が確認できていると言えます。

そのため、ジェネリックに対して不安を感じる必要は何もないのです。

 

フィプロフォートプラスの効果は?

通販のユーザーフロントラインプラスのジェネリックであり、ノミダニに対して高い駆除効果を誇るフィプロフォートプラス。

その効果は、有効成分であるフィプロニルとメトプレンによるノミやダニの駆除になります。

フィプロニルは、ノミの神経伝達物質であるGABAの作用を阻害する効果を持っています

その結果、ノミは興奮状態を抑えることができず最終的に死に至ります。

こうしてノミに対して非常に高い効果を持っています。

更に、このノミの駆除効果は1か月という長期間継続するため、駆除後にノミが改めて寄生したとしても1か月以内であればそのまま駆除することが可能です。

 

また、メトプレンはノミの幼虫に作用する成分であり、このメトプレンによってノミが幼虫から成虫へと成長するのを阻害します。

そのため、ノミに寄生されたことに気づくのが遅れて産卵されたとしても、生まれたノミを幼虫から成虫へと成長させることなく死滅させるため、それ以上ノミが増殖するという事を防げます

 

フィプロニルだけを配合している駆除薬もありますが、フィプロニルはノミの成虫にのみ効果をもつ成分であるため、完全な駆除は不可能です。

しかし、フィプロフォートプラスはフィプロニルに、幼虫に対しても効果を発揮するメトプレンを配合しているので、より効率的にノミダニの駆除を行う事が可能です。

 

購入の方法は通販

ペットの画像フィプロフォートプラスは海外で認可されているノミダニ駆除薬であり、日本では販売されていません

そのため、フィプロフォートプラスを購入する場合は、通販の利用が必要になります。

通販と言っても、フィプロフォートプラスの通販は、いわゆる楽天やAMAZONといったようなネット通販とは違い、個人輸入と呼ばれる手法の代行サービスになります。

使い方などは、ネット通販と変わらないためネット通販を利用したことがある人であれば、だれでも簡単に利用することが可能です。

 

また、このフィプロフォートプラスの通販には様々なメリットがあります。

フィプロフォートプラスを通販で購入するときのメリットには

・安く購入することができる

・ノミダニ駆除薬以外にも様々な医薬品を取り扱っている

・キャンペーンやポイントなどの特典がある

といったことがあげられます。

 

安く購入できる理由は前述したように、フィプロフォートプラスがそもそもジェネリック医薬品であるためです。新薬に比べて1割以上安価で購入することも可能です。

また、通販サイトでは、ノミダニ以外にもフィラリア予防薬や皮膚病に対して効果のある医薬品など、様々な商品を取り扱っています。

そのため、ノミダニ駆除と共に、フィラリアの予防や緑内障や白内障用の目薬を一緒に購入したりといったことが可能です。

最後に、多くの通販サイトでは季節ごとにキャンペーンを実施していたり、ポイント制度を導入しています。

キャンペーンは、季節によって特定商品が割引になったり無料ポイントが付与されたりといったもので、ポイント制度は購入金額の数%がポイントとして還元され、そのポイントを使って割引を受けることができたりします。

このように、様々なメリットがあるので、お得かつ簡単にノミダニ駆除薬を手にすることができるのです。

 

病院と通販どっちの方が良いの?

通販のユーザー通販には、価格面や品ぞろえの面で様々なメリットがあるというのをわかってもらえたでしょう。そうなると、気になるのは病院でノミダニ駆除薬を処方、投与してもらう場合との違いでしょう。

病院で処方や投与してもらう場合は、獣医に直接お願いすることができるので投与するときに間違えて投与したりする可能性は減らせます

また投与する駆除薬についての説明なども受けることができるので、安心できるという面は通販に比べると病院の方が高いと言えます

しかし、価格面や品ぞろえという面でみると、通販に軍配が上がります

病院で処方や投与してもらう場合は、薬の代金だけでなく診察料や検査費用などが必要になります。

また、動物病院が住んでいる近所に無いような場合は、遠方まで出向く必要があり、交通費や移動に、かかる時間も含めて考えなければならなくなります。

通販では、移動などは一切必要なくスマートフォンやパソコンから簡単に注文できるので、時間的な制約を受けることもありません。

 

ペットの画像更に、品ぞろえの面でも、病院では品ぞろえはそこまで多くない上に、飼い主がどの薬にしたいという希望はある程度受け付けてもらう事が出来たとしても、最終的な判断は医師によって行われます

医師が安全と判断した薬の中から適切なものを選択してくれるというメリットがありますが、品ぞろえの幅や選択の自由はないに等しいと言えます。

 

病院のメリットは、獣医による説明や投与を受けることができるので、安心して利用できるという事にあります。

 

通販では動物病院で処方してもらう事ができる薬と同じ成分の医薬品を取り扱っているというケースも珍しくないので、初めてノミダニ駆除を行うというような場合は病院で処方してもらって、使い方などを学んだ上で、次からは通販で薬を安く購入して利用することで費用を抑えつつ安心して駆除薬を使う事ができるようになります。

 

フィプロフォートプラスを使った人の口コミ情報

悪かった口コミは?

Aさんの場合(30代 女性)

皮膚に垂らすだけで簡単という事で、こちらを買って使ってみましたがうちの子にはちょっと合わなかったです。

お薬を垂らしてもすぐに舐めとってしまうので、舐めないようにするのが大変でした。

気にせずじっと我慢できる子なら問題ないと思いますが、そうじゃない場合はちょっと大変かもしれません。

Iさんの場合(20代 男性)

獣医で使ってもらってた薬と同じという事で使いましたが、投与するのが中々に大変でした。

投与が手間っていう人は素直に病院でやってもらうのが一番かなと思います。

その分、費用的な部分の負担は増えてしまいますけど…。

やっぱり病院でやってもらえば、その分、安心もできるので病院でやってもらってます。

Kさんの場合(50代 女性)

これなら、お医者さんに行かなくても私でも出来そうと思って購入しました。

使う事はとても簡単だったんですけど、使ってから1日2日はシャンプーができないので使う前にシャンプーしてからと、ちょっと大変でした。

普通の飲み薬ならシャンプーのことは気にせずに使えるので、今はそちらを使ってます。

 

良かった口コミは?

Yさんの場合(30代 男性)

これまで、錠剤タイプを使ってましたけど飲ませるのが中々に大変でしたけど、フィプロフォートプラスに変えてからは、投与の手間が全くかからなくなったので助かってます!

Jさんの場合(40代 女性)

うちの子は、ずっとこちらを使わせてもらっています。これまではおやつタイプを使ってましたけど、若干お値段が張るので安いこちらにしてからは、少し負担が減りました。

簡単に使う事ができるので、私でも無理なく使えるのがいいですね。

Sさんの場合(20代 女性)

ノミダニ駆除にはこちらを使ってます。

以前は仕事が休みの日を使って、病院まで連れて行ってましたけど中々時間が取れない時期もあるので、結構大変だったんですよね。

でも、これなら家で簡単に使う事ができるので、手間が大分減りました!これに出会ってからはこれ以外のノミダニ駆除をする気が起きないほどです(笑)

 

フィプロフォートプラスを使ったノミダニ駆除の必要性

フィプロフォートプラスの画像愛犬や愛猫を飼っている人の中には、ノミダニの駆除なんて必要?と考える人もいらっしゃるでしょう。

もちろん、適切に駆除してあげることは必須と言えます。

ノミダニに寄生されてしまうと、強い痒みが発生し皮膚が傷つくまで掻きむしってしまうだけでなく、その傷口から様々な感染症に感染し、二次被害が広がるというケースもあります。

 

更に、ノミやダニの中には犬や猫だけでなく人に寄生する種類も多数存在します。

人に寄生した場合、犬や猫に寄生するよりも短期間しかいきれないというケースもありますが、その短期間でも様々な症状を発症してしまうケースも。

 

特に、ダニの中には人にも感染する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)や日本紅斑熱、ライム病、ツツガムシ病といった感染症の原因菌を保菌している場合があります

そうしたダニがペットを介して、人に寄生してしまうと感染してしまうリスクがあります。

ペットから人へ感染する感染症の中でも、重症熱性血小板減少症候群は非常に高いリスクを持っており死に至るケースも少なくありません。

2019年には、101例の感染報告があり、うち5例に関しては感染した方は亡くなられています。

100例中、5例ということからそこまで高くない確率と考える方もいるかもしれませんが、死に至るリスクがゼロではないというのは非常に重要なポイントです。

 

ペットやその飼い主の安全を守り健やかな毎日を送るためにも、ノミやダニの寄生が確認出来たら速やかにフィプロフォートプラスを使い駆除するようにしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました